So-net無料ブログ作成
検索選択
TAG index Webサイト

清原 覚醒剤でついに逮捕

週刊誌で話題になっていましたが、ついに捕まりましたね。元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚醒剤を所持していたとして逮捕された事件で、調べに対し「覚醒剤は腕に注射したり、ガラスパイプであぶって吸ったりした」などと供述し、覚醒剤を使っていたことを認めていることが、警視庁への取材で分かりました。警視庁は、押収した注射器などを鑑定して覚醒剤を使用した疑いでも捜査することにしています。
元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者(48)は、東京・港区東麻布の自宅マンションで、覚醒剤0.1グラムを持っていたとして、2日夜、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。警視庁によりますと、調べに対し清原容疑者は、「覚醒剤は私のものに間違いありません」と供述し、所持の容疑を認めているということです。
さらにその後の調べで、覚醒剤を使っていたことを認める供述をしていることが警視庁への取材で分かりました。警視庁によりますと、清原容疑者は、「覚醒剤は注射器で腕に注射をしたり、ガラスパイプであぶって吸ったりする方法で使用していた。自宅にあった覚醒剤は私が使用するために持っていた」などと供述しているということです。
また、2日夜、捜査員が室内に入った際、清原容疑者は注射器1本とストローを手に持った状態だったということです。見つかった覚醒剤は使いかけだったとみられるということで、警視庁は、押収した注射器やパイプ、それに尿を鑑定するなどして、覚醒剤を使用した疑いでも捜査することにしています。
左手に注射器1本とストロー
警視庁の捜査員は、2日夜8時ごろ、東京・港区東麻布にあるマンション14階の清原容疑者の自宅に捜索に入りました。当時、清原容疑者は1人でいて、左手に注射器1本とストローを持っていたということです。注射器は袋が破れた状態で、捜査員に促されるとダイニングのテーブルに置き、同じテーブルの上には袋に入った白い粉末がありました。また、リビングのテーブルの上と台所の棚の中からそれぞれ注射器が見つかったほか、寝室の床の上には黒ずんだガラスパイプが転がっていたということです。
捜査員が見つかった粉末を鑑定したところ覚醒剤と確認され、午後11時すぎ、清原容疑者をその場で逮捕しました。捜査員が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕することを告げると、「はい」と素直に応じたということです。
清原容疑者は、その後、中野区内の病院で診察を受けたあと、3日午前2時15分すぎ、捜査車両で東京・千代田区にある警視庁本部に入りました。大勢の報道陣が詰めかけ、カメラのフラッシュがたかれる中、清原容疑者は車の後部座席にうつむいた様子で乗っていました。
おととし以降 疑惑が報道
清原容疑者と覚醒剤などの薬物を巡っては、おととし以降たびたび疑惑が報じられていました。
「週刊文春」のおととし3月13日号では、親しい友人の話として、「覚醒剤などの薬物の禁断症状に苦しんでいる」としたうえで、その治療のために「昨年、彼は病院に一週間ほど極秘入院しています」などと記されています。一方、清原容疑者は別の週刊誌の取材に対して「絶対に麻薬はやっていない」と疑惑を否定したうえで、入院は糖尿病の治療のためだと説明していました。
また、「週刊文春」のおととし4月3日号ではプロ野球の後輩選手の話としてグリーニーと呼ばれる中枢神経を刺激する覚醒剤の成分が入ったとされる薬物を現役時代に使用していたと伝えられています。薬物疑惑に対して、清原容疑者は去年8月に放送された民放のテレビ番組で出演者から質問された際に、「かぜ薬は使用したことがある。自分のことを恨んでいる人がうわさしているだけだ」などと否定していました。ントされる。
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。